October 09, 2017

映画三昧、笑いヨガ、

10月1(日)ポール・バーホーベン監督主演のイザベル・ユペール主演の映画エル ELLEを観た。主人公のミシェルのなんとかっこいいこと。世間体を気にして生きるなんてどれほど馬鹿げているかと思わされた。毅然としていて、堂々として、胸を張っていて、即断する。こんな映画日本では作れないだろうな〜。
そして翌日には「サーミの血」を。1930年代のスウェーデンで、先住民族のサーミ人がどれほどの差別を受けていたか、身につまされる。主人公と妹が寄宿舎に入る。研究対象として、裸の少女の写真を撮りまくる何の説明もなしにいきなり「服を脱げ」と。この屈辱、年頃の娘にとってほんとに残酷。日本でも歴然とある差別の数々。
重い荷物を背負わされたような映画でした。

10月4(水)公民館の笑いヨガに参加。うそ笑いでも脳は本当の笑いと思うんだって(笑)笑いは副交感神経が高まりリラックスする。30人以上の参加者が会場を歩きながらの大笑い。大きな声で腹の底から笑っていたので、何人かの参加者に笑い方がうまいとか、笑顔がいいとか褒められました。そりゃ、嘘笑いも仕事のうちですから(笑)
落胆したり怒ったりすることが多いご時世、笑いヨガと講談の発声を組み合わせたら鬼に金棒では!一旦帰って着物に着替えて夕方は瑞穂さんのパーティーに。突然の衆院選となって本人も登壇者もお客さんたちも、自公政権、安倍首相に対する怒りで元気に盛り上がりました!

7(土)
鶴岡に向かって移動。教育講演会、2年前山形市で、昨年は庄内で、そして今年は鶴岡で呼んでもらいました。新潟から特急いなほに乗り換え約2時間。静かな入り江の海岸線や、稲刈りが済んだ後の田んぼやこれから稲かりを迎える黄金色の稲穂‥さすがに広々とした庄内平野の景色、癒されました。
会場は街中キネマ。機織り工場を改造した映画館、木材がふんだんに用いられナチュラルないい雰囲気。ロビーではミニコンサートのリハーサル行われていました。
講演は鶴岡市長選の告示と衆院選の公示日直前とあって忙しいのでしょう、人数はそれほど多くはないけれど熱心に聞いてくださり、全編が聞きたいというリクエストがあったとか、また呼んでもらえたら嬉しいです。

9(月)体育の日、「見沼、里山クラブ」の体験稲刈り。30度、真夏のような暑さの中、長靴が抜けなくなるような泥状態の田んぼで稲刈り、はざかけに汗をかく。他のことはなにも考えずみんなで気持ちを一つに取り組む。泥には参ったがとっても充実感がありました。作業中、子どもの頃の稲刈りや脱穀の様子が目に浮かんだ、父の若かりし日の姿が蘇り一日中父のことを思い出していました。
私にも百姓の血が流れている?こんな近くに田んぼや畑がたくさんあって、農作業ができるなんで最高です。私も土いじりがしたい年頃となったわけです(笑)
さ、明日から選挙です!


September 30, 2017

「ともいきの郷」ヒロさんライブ、谷英美さん朗読、パギヤン歌うシネマ

24(日)つくば駅に迎えに来てもらい「ともいきの郷」へ。先月、茨城県知事選に挑戦された鶴田まこみさんとの講演会。ともいきの郷は小張佐恵子さんご夫妻が福島の子供達の保養や、コミュニティの場所として自腹で買われたとか。大きな農家で広々としている。今回は50人近く来てくれた。FBをみてさん化したというつくば大の学生さんはとても感動されたようで最後まで残って主催者の皆さんと感想を話し合っていた。若い方が関心を持ってくれたのはとても嬉しい。

25(月)小池さん「希望の党」を立ち上げ、自分も関わると表明。なぜ今解散?
少子高齢化を回復するために。とかなんとか馬鹿げたことを言っている。
国民とのお約束を変更した以上、速やかに信を問う、だって(笑)本当はモリカケの真相を迫られたくないから。妻や友人を守りたいから。こんな身勝手な解散は許されない!
29(金)紀伊国屋劇場松元ヒロ「ひとり立ち」に行く。
野党が臨時国会の召集を求めていたのを無視して、8月に「モリカケにも丁寧に説明する」と8秒間頭を下げて新組閣をしたばかり。仕事師内閣が何一つ仕事しないで恩給だけいただいて、憲法違反の国会冒頭解散。その翌日とあって客席も興奮気味でした。そんななか開催されたヒロさんライブ、今回もお見事でした!
アメリカ報告、ホワイトハウスの前で35年間原爆の写真で反核を訴えた女性の話、ライブで憲法序文を披露した?末などなど情景が目に浮かぶ。「キムジナーkids」(現代書館)の山城少年兵の話には涙涙‥最後は今のドタバタ選挙のパントマイムで大笑い。
2日前には前原代表が希望の党と一緒になると驚きの発言。そして小池さんの「リベラルは排除する」発言。こんな混沌としたときだから、舞台と客席が一つになって‥。それにしても「排除」とはナチスドイツみたいでぞっとする、小池さんってこわっ!

30(土)西大宮駅の公民館で谷恵美さんの朗読「顔」を聞き、その後、急ぎ移動して国立市のカフェでのパギヤンの歌うシネマ「人間である為に」に駆けつける。
「顔」は沖縄戦で銃撃を受けて顔に傷を受けた新垣さんを取材して作られた作品。ご本人も会場にいらして、朗読終了後、谷さんとトーク、80過ぎて生きがいができた、何処へでも行き自分の体験を語りますと。なんと明るくてたくましい!
そして「人間である為に」。1953年、大阪の老弁護士が広島長崎への原爆投下は人類史上最大最悪の殺人行為であり、アメリカ政府は損害賠償を行う義務であると訴える裁判を起こそうとする‥。安倍政権が強行採決で安保法案を通したが為に、北朝鮮に対して「対話ではない圧力だ」などど行っているがために、戦争、核兵器がぐっと身近になってしまった。きょうの2作品もやはり、ぐっと身近になってしまった。


September 23, 2017

台風上陸「芸人9条の会in生駒」平和の母子像「哀しみの母子像」公演

16(土)明日開催される生駒市での「芸人9条に会」は当日移動の予定だったが台風が九州に上陸ということで急遽大阪に前乗りすることになった。
パギヤンと〜さんととする橋でおいしいお肉やマッコリをいただく。雨はほとんど降っていない。
17(日)テレビでは連日台風報道がすごくて、この会も開催するか問い合わせが多数あったようだ。もちろん決行。300人ぐらい来てくれた。私の出番は最後の方だったので、皆さんの芸を楽屋やソデで堪能。ナオユキさんのスタンダップコメディーには大笑い。おしどりケン・マコのお二人も息がぴったり。二人ともとっても勉強して東電会見で見事な質問を連発、風穴をあけてくれている、感謝だ。竹林さん、文福さんのこれでもか〜というほどの笑い連発の上方落語。さすが落語発祥の地です。千夏さんが朗読した詩、うっかりタイトル忘れたがよかったです〜。結局雨は降らず、無事終了。雨に追われる格好だったが5分ぐらい遅れただけで無事帰京。長い1日でした。
18(月)台風一過でカラッとした晴天、でも夏が戻ったようで暑い!2時間近く電車に乗り、横須賀長沢の「平和の母子像」を訪ねた。1メートル90センチの母子像、顔の向こうには海が見える。昨夜の暴風雨で枝や葉が散らかっていた。竹ぼうきではく。草もだいぶ伸びていた。きっと命日近くになったら皆さんが綺麗にしてくれるのでしょう‥。
9月23(土)
米軍ジェット機墜落から40年の集い。緑区公会堂で。一部ではコーラスや紙芝居やリレートークで犠牲者を偲んだ。500人収容の会場は満席。40年前青年だった人たちがほとんど。講談がはじまりと多くの人が涙を拭いているのが高座からもわかった。出演者も含め会場がひとつになった。絶対にオスプレイもミサイルも落としてはならない。

September 13, 2017

「愛と死を抱きしめて」「石川一雄、塀の中の学び」美輪さん「カメジロー」

9月3(日)
劇団青年座の作家、高木達さんの実家はいわき市久之浜の海の近くで旅館を営んでいました。私も訪ねたことがある、落ちついた雰囲気のその旅館は津波で破壊、取り壊されてしまいました。高木さんは4年前にいわきに居を移し、今では青年座の活動とともにいわきPIT劇場監督としていわきから演劇を通して文化を発信しておられます。その劇団の公演が9月に都内で。
「愛と死を抱きしめて」というタイトルであらすじはこうです。「1960年代半ばの福島県浜通り中部、貧しい土地にしがみつき、たくましたく生きる人々。やりくりして生活を支える女性たちの物語。1964年の東京オリンピックから炭鉱の閉山、原子力発電所の建設と運転開始、地域社会を時代の波が潤す。しかし、愛情豊かで絆に満ちていた社会は失われてしまった。そして迎えた2020年の東京オリンピック‥」前半はお節介好きで、元気いっぱいの女たちのいわき訛りが炸裂、おそらく東京の方には意味不明?などと思っていて終盤、汚染され住んではいけない家で過去の幸福な日々の思い出にすがる、狂気に冒された老婆の叫び‥。失ってしまったものの大きさに会場のあちこちからすすり泣きが聞こえました。私も私の隣の女性も嗚咽をこらえていました。
感情に刻まれた記憶を後に続く人たちにどう伝えていったらいいのか‥、ヒントをもらったお芝居、劇団の皆様ありがとうございました。

9月9(土)
加須市の狭山集会で「石川一雄、塀の中の学び」を一席。前回の講談に鎌田さんの本から再逮捕される経緯を引用して膨らませた。石川さんの幼少の頃も生活ぶりも興味深い。部落と差別を受けながらも、家族の絆半端ではない。こんど語る時はそこも入れようと思う。打ち上げでは石川さんご夫妻、ともに風邪を引かれていてお辛そうだった。心から再審開始を願う。

13(水)昨夜は遠藤めぐみさん池袋芸術劇場の「美輪明宏の世界」へ。一度ライブを聞きたいと願っていたので大満足。歌は語るように。語りは歌うように。さすがのトークと歌で大満足。その後の「千鳥」で、ちょっと飲みすぎ。お酒が残る年齢になった、心から反省。
ああ、それなのに、朝から大忙しの1日、午前はお琴と三味線の教室。
かえってすぐ飯田橋の「三善メーク教室」で舞台メールの実践を受ける。もっと早く舞台メールを知っていれば広い会場の時など役に立ったのにとまたまた心から反省。その足で、舞台メークをしたまま「アメリカが最も恐れた男カメジロー」を観に渋谷のユーロスペースへ。なんと脱原発仲間の女性3人に声をかけられた。芸人9条の会のチラシを渡したら、映画が終わった後3人とも買ってくださった。じっと私の顔をみつめながら(笑)
映画はとても良かった。「カメジロー魂」は今に受け継がれている!


August 02, 2017

柏崎で「チェルノブイリの祈り」を。

7月30日、柏崎市へ行ってきました。その報告です。
昨年7月に真宗大谷派三条教区さんに呼んでいただき「はだしのゲン」を語った同じアルフォーレ大ホールで、今度は「チェルノブイリの祈り」公演で呼んでいただきました。 
 500人も来てくださり、大感激です!
(昨年の7月のときは、ホテルに入ると間もなく下の道路で演説の準備が。時、まさに参院選の最中、まもなく森ゆう子さんが登場。もちろん急ぎエレベーターで降りて駆けつけ激励の握手、ご存知のようにお見事僅差で当選されて、今日の加計学園追求の活躍ぶりなり〜!)
  
 今回の主催は昨年11月の柏崎市長選に立たれた元保健師、竹内英子さんが所属する「原発を再稼動させない柏崎刈羽の会」。竹内さんは大熊町の住民の避難先、会津の仮設住宅へ一年間派遣された経験があり、故郷を奪われた方々の嘆きに寄り添ってくださった。そして、自分の故郷柏崎市で原発が再稼動し万が一事故になったら、と、市職員という安定した職をなげうって立候補。私は応援弁士として駆けつけ、彼女の演説をきいて「すばらしい〜」思わずうなりました。
 原発によらない故郷再生、人間らしく生きる理想などなど、小柄な身体から堂々とした力声で訴える内容はピカイチです。
 一部では「中越沖地震から10年フクシマから6年柏崎刈羽原発のいま」と題して竹内英子さんが進行役で、ネットワーク代表本間保さん、刈羽村在住高桑千恵さんによるトーク。
 中越沖地震では、柏崎刈羽原発で火災発生や放射能漏れなど緊急事態が発生し、一歩間違えれば大変なことに。このときの反省から2010年7月に福島第一でも免震重要棟が設置された。それから8ヶ月後に311が起きた、中越沖地震の教訓が奇跡的に生かされたとハラハラする。免震重要棟ががなければ東日本は壊滅していたと思うと怪談どころではない怖さ。
「廃炉賛成、再稼動反対」を皆さんで確認して第2部の「チェルノブイリの祈り」へ。音響照明設備が万全の会場で心置きなく語らせていただきました。
 打ち上げでは、美味しいお魚料理や地元のお酒に、どうかこの自然の幸を放射能から守って欲しいと、福島県民の一人として心から願いながら、最後は猫の話で盛り上がったりして(笑)
「原発と戦争のような多くの人を不幸にするようなものをなくすことができれば、後はのんびり暮らしたい」という竹内さん。原発について学びたい若い皆さんとも繋がりつつあります。もちろん半世紀近く脱原発を闘ってきた知恵袋のような応援団の皆さんも元気いっぱい。福島と新潟、ともに踏ん張りましょう〜。
 さて、真夜中に地震で起こされた今日だから、ついでに
現政権に一言。「原子力発電所の使用済み核燃料の最終処分場適正候補地地図」何てふざけたことを偉そうに発表する前に、早く再稼動をやめ、全てを廃炉に!