k-kaori http://blog.ppn.co.jp/ 講談師神田香織の香方見聞録 ja-jp 2017-10-17T18:52:04+09:00 映画三昧、笑いヨガ、 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=225139 10月1(日)ポール・バーホーベン監督主演のイザベル・ユペール主演の映画エル ELLEを観た。主人公のミシェルのなんとかっこいいこと。世間体を気にして生きるなんてどれほど馬鹿げているかと思わされた。毅然としていて、堂々として、胸を張っていて、即断する。こんな映画日本では作れないだろうな〜。そして翌日には「サーミの血」を。1930年代のスウェーデンで、先住民族のサーミ人がどれほどの差別を受けていたか、身につまされる。主人公と妹が寄宿舎に入る。研究対象として、裸の少女の写真を撮りまくる何の説明もなしにいきなり「服を脱げ」と。この屈辱、年頃の娘にとってほんとに残酷。日本でも歴然とある差別の数々。重い荷物を背負わされたような映画でした。10月4(水)公民館の笑いヨガに参加。うそ笑いでも脳は本当の笑いと思うんだって(笑)笑いは副交感神経が高まりリラックスする。30人以上の参加者が会場を歩きながらの大笑い。大きな声で腹の底から笑っていたので、何人かの参加者に笑い方がうまいとか、笑顔がいいとか褒められました。そりゃ、嘘笑いも仕事のうちですから(笑)落胆したり怒ったりすることが多いご時世、笑いヨガと講談の発声を組み合わせたら鬼に金棒では!一旦帰って着物に着替えて夕方は瑞穂さんのパーティーに。突然の衆院選となって本人も登壇者もお客さんたちも、自公政権、安倍首相に対する怒りで元気に盛り上がりました!7(土)鶴岡に向かって移動。教育講演会、2年前山形市で、昨年は庄内で、そして今年は鶴岡で呼んでもらいました。新潟から特急いなほに乗り換え約2時間。静かな入り江の海岸線や、稲刈りが済んだ後の田んぼやこれから稲かりを迎える黄金色の稲穂‥さすがに広々とした庄内平野の景色、癒されました。会場は街中キネマ。機織り工場を改造した映画館、木材がふんだんに用いられナチュラルないい雰囲気。ロビーではミニコンサートのリハーサル行われていました。講演は鶴岡市長選の告示と衆院選の公示日直前とあって忙しいのでしょう、人数はそれほど多くはないけれど熱心に聞いてくださり、全編が聞きたいというリクエストがあったとか、また呼んでもらえたら嬉しいです。9(月)体育の日、「見沼、里山クラブ」の体験稲刈り。30度、真夏のような暑さの中、長靴が抜けなくなるような泥状態の田んぼで稲刈り、はざかけに汗をかく。他のことはなにも考えずみんな .. 2017-10-09T21:41:00+09:00 「ともいきの郷」ヒロさんライブ、谷英美さん朗読、パギヤン歌うシネマ http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=225138 24(日)つくば駅に迎えに来てもらい「ともいきの郷」へ。先月、茨城県知事選に挑戦された鶴田まこみさんとの講演会。ともいきの郷は小張佐恵子さんご夫妻が福島の子供達の保養や、コミュニティの場所として自腹で買われたとか。大きな農家で広々としている。今回は50人近く来てくれた。FBをみてさん化したというつくば大の学生さんはとても感動されたようで最後まで残って主催者の皆さんと感想を話し合っていた。若い方が関心を持ってくれたのはとても嬉しい。25(月)小池さん「希望の党」を立ち上げ、自分も関わると表明。なぜ今解散?少子高齢化を回復するために。とかなんとか馬鹿げたことを言っている。国民とのお約束を変更した以上、速やかに信を問う、だって(笑)本当はモリカケの真相を迫られたくないから。妻や友人を守りたいから。こんな身勝手な解散は許されない!29(金)紀伊国屋劇場松元ヒロ「ひとり立ち」に行く。野党が臨時国会の召集を求めていたのを無視して、8月に「モリカケにも丁寧に説明する」と8秒間頭を下げて新組閣をしたばかり。仕事師内閣が何一つ仕事しないで恩給だけいただいて、憲法違反の国会冒頭解散。その翌日とあって客席も興奮気味でした。そんななか開催されたヒロさんライブ、今回もお見事でした!アメリカ報告、ホワイトハウスの前で35年間原爆の写真で反核を訴えた女性の話、ライブで憲法序文を披露した?末などなど情景が目に浮かぶ。「キムジナーkids」(現代書館)の山城少年兵の話には涙涙‥最後は今のドタバタ選挙のパントマイムで大笑い。2日前には前原代表が希望の党と一緒になると驚きの発言。そして小池さんの「リベラルは排除する」発言。こんな混沌としたときだから、舞台と客席が一つになって‥。それにしても「排除」とはナチスドイツみたいでぞっとする、小池さんってこわっ!30(土)西大宮駅の公民館で谷恵美さんの朗読「顔」を聞き、その後、急ぎ移動して国立市のカフェでのパギヤンの歌うシネマ「人間である為に」に駆けつける。「顔」は沖縄戦で銃撃を受けて顔に傷を受けた新垣さんを取材して作られた作品。ご本人も会場にいらして、朗読終了後、谷さんとトーク、80過ぎて生きがいができた、何処へでも行き自分の体験を語りますと。なんと明るくてたくましい!そして「人間である為に」。1953年、大阪の老弁護士が広島長崎への原爆投下は人類史上最大最悪の .. 2017-09-30T21:02:00+09:00 台風上陸「芸人9条の会in生駒」平和の母子像「哀しみの母子像」公演 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=225136 16(土)明日開催される生駒市での「芸人9条に会」は当日移動の予定だったが台風が九州に上陸ということで急遽大阪に前乗りすることになった。パギヤンと〜さんととする橋でおいしいお肉やマッコリをいただく。雨はほとんど降っていない。17(日)テレビでは連日台風報道がすごくて、この会も開催するか問い合わせが多数あったようだ。もちろん決行。300人ぐらい来てくれた。私の出番は最後の方だったので、皆さんの芸を楽屋やソデで堪能。ナオユキさんのスタンダップコメディーには大笑い。おしどりケン・マコのお二人も息がぴったり。二人ともとっても勉強して東電会見で見事な質問を連発、風穴をあけてくれている、感謝だ。竹林さん、文福さんのこれでもか〜というほどの笑い連発の上方落語。さすが落語発祥の地です。千夏さんが朗読した詩、うっかりタイトル忘れたがよかったです〜。結局雨は降らず、無事終了。雨に追われる格好だったが5分ぐらい遅れただけで無事帰京。長い1日でした。18(月)台風一過でカラッとした晴天、でも夏が戻ったようで暑い!2時間近く電車に乗り、横須賀長沢の「平和の母子像」を訪ねた。1メートル90センチの母子像、顔の向こうには海が見える。昨夜の暴風雨で枝や葉が散らかっていた。竹ぼうきではく。草もだいぶ伸びていた。きっと命日近くになったら皆さんが綺麗にしてくれるのでしょう‥。9月23(土)米軍ジェット機墜落から40年の集い。緑区公会堂で。一部ではコーラスや紙芝居やリレートークで犠牲者を偲んだ。500人収容の会場は満席。40年前青年だった人たちがほとんど。講談がはじまりと多くの人が涙を拭いているのが高座からもわかった。出演者も含め会場がひとつになった。絶対にオスプレイもミサイルも落としてはならない。 .. 2017-09-23T21:01:00+09:00 「愛と死を抱きしめて」「石川一雄、塀の中の学び」美輪さん「カメジロー」 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=225135 9月3(日)劇団青年座の作家、高木達さんの実家はいわき市久之浜の海の近くで旅館を営んでいました。私も訪ねたことがある、落ちついた雰囲気のその旅館は津波で破壊、取り壊されてしまいました。高木さんは4年前にいわきに居を移し、今では青年座の活動とともにいわきPIT劇場監督としていわきから演劇を通して文化を発信しておられます。その劇団の公演が9月に都内で。「愛と死を抱きしめて」というタイトルであらすじはこうです。「1960年代半ばの福島県浜通り中部、貧しい土地にしがみつき、たくましたく生きる人々。やりくりして生活を支える女性たちの物語。1964年の東京オリンピックから炭鉱の閉山、原子力発電所の建設と運転開始、地域社会を時代の波が潤す。しかし、愛情豊かで絆に満ちていた社会は失われてしまった。そして迎えた2020年の東京オリンピック‥」前半はお節介好きで、元気いっぱいの女たちのいわき訛りが炸裂、おそらく東京の方には意味不明?などと思っていて終盤、汚染され住んではいけない家で過去の幸福な日々の思い出にすがる、狂気に冒された老婆の叫び‥。失ってしまったものの大きさに会場のあちこちからすすり泣きが聞こえました。私も私の隣の女性も嗚咽をこらえていました。感情に刻まれた記憶を後に続く人たちにどう伝えていったらいいのか‥、ヒントをもらったお芝居、劇団の皆様ありがとうございました。9月9(土)加須市の狭山集会で「石川一雄、塀の中の学び」を一席。前回の講談に鎌田さんの本から再逮捕される経緯を引用して膨らませた。石川さんの幼少の頃も生活ぶりも興味深い。部落と差別を受けながらも、家族の絆半端ではない。こんど語る時はそこも入れようと思う。打ち上げでは石川さんご夫妻、ともに風邪を引かれていてお辛そうだった。心から再審開始を願う。13(水)昨夜は遠藤めぐみさん池袋芸術劇場の「美輪明宏の世界」へ。一度ライブを聞きたいと願っていたので大満足。歌は語るように。語りは歌うように。さすがのトークと歌で大満足。その後の「千鳥」で、ちょっと飲みすぎ。お酒が残る年齢になった、心から反省。ああ、それなのに、朝から大忙しの1日、午前はお琴と三味線の教室。かえってすぐ飯田橋の「三善メーク教室」で舞台メールの実践を受ける。もっと早く舞台メールを知っていれば広い会場の時など役に立ったのにとまたまた心から反省。その足で、舞台メーク .. 2017-09-13T18:09:00+09:00 柏崎で「チェルノブイリの祈り」を。 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=225036 7月30日、柏崎市へ行ってきました。その報告です。昨年7月に真宗大谷派三条教区さんに呼んでいただき「はだしのゲン」を語った同じアルフォーレ大ホールで、今度は「チェルノブイリの祈り」公演で呼んでいただきました。  500人も来てくださり、大感激です!(昨年の7月のときは、ホテルに入ると間もなく下の道路で演説の準備が。時、まさに参院選の最中、まもなく森ゆう子さんが登場。もちろん急ぎエレベーターで降りて駆けつけ激励の握手、ご存知のようにお見事僅差で当選されて、今日の加計学園追求の活躍ぶりなり〜!)   今回の主催は昨年11月の柏崎市長選に立たれた元保健師、竹内英子さんが所属する「原発を再稼動させない柏崎刈羽の会」。竹内さんは大熊町の住民の避難先、会津の仮設住宅へ一年間派遣された経験があり、故郷を奪われた方々の嘆きに寄り添ってくださった。そして、自分の故郷柏崎市で原発が再稼動し万が一事故になったら、と、市職員という安定した職をなげうって立候補。私は応援弁士として駆けつけ、彼女の演説をきいて「すばらしい〜」思わずうなりました。 原発によらない故郷再生、人間らしく生きる理想などなど、小柄な身体から堂々とした力声で訴える内容はピカイチです。 一部では「中越沖地震から10年フクシマから6年柏崎刈羽原発のいま」と題して竹内英子さんが進行役で、ネットワーク代表本間保さん、刈羽村在住高桑千恵さんによるトーク。 中越沖地震では、柏崎刈羽原発で火災発生や放射能漏れなど緊急事態が発生し、一歩間違えれば大変なことに。このときの反省から2010年7月に福島第一でも免震重要棟が設置された。それから8ヶ月後に311が起きた、中越沖地震の教訓が奇跡的に生かされたとハラハラする。免震重要棟ががなければ東日本は壊滅していたと思うと怪談どころではない怖さ。「廃炉賛成、再稼動反対」を皆さんで確認して第2部の「チェルノブイリの祈り」へ。音響照明設備が万全の会場で心置きなく語らせていただきました。 打ち上げでは、美味しいお魚料理や地元のお酒に、どうかこの自然の幸を放射能から守って欲しいと、福島県民の一人として心から願いながら、最後は猫の話で盛り上がったりして(笑)「原発と戦争のような多くの人を不幸にするようなものをなくすことができれば、後はのんびり暮らしたい」という竹内さん。原発について学びたい若い皆さんとも繋がり .. 2017-08-02T18:12:00+09:00 山梨への車中で聞いた「安倍帰れ」 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=225035 1(土)甲府市の男女共同参画推進センターにて「チェルノブイリの祈り」を一席。主催は国際女性境域振興会山梨県支部ということで、大勢の女性たちが熱心に聞いてくれました。3(月)都議選終わりました。自民大敗、当選といえば当然な結果ですが久々に溜飲が下がました!心残りは7月1日は山梨で仕事があり、秋葉原演説会に行けなかったことです。一国の総理が国民に向かって「あの人たちに負けない」と非難し、国民たちが「安倍かえれ」「安倍やめろ」と怒涛のごとく怒りの声を上げ続けた歴史的な瞬間に、立ち会いたかったです。とはいっても仕事がもちろん優先ですが(笑)仕事帰りの車中、スマホでIWJの中継見ながら思わず「安倍かえれ」叫んでましたが(笑)大勝ちした都民ファーストの方々もこう言ってはなんですが玉石混合、時に叱咤、時に励ましながら働いていただきましょう〜。 都議選の今度の結果は国政でも受け皿にある政党さえあれば、安倍政権を倒せるということを示してくれました。あとは国政での受け皿作りのため、議員の先生方も我々市民も即行動、ですね。7月11日には共謀罪が施行されてしまうし、4年前強行採決された秘密保護法、2年前の安保法案とともに、1日も早く共謀罪を廃案にしなければなりません。また、7月1日深夜に北海道、そのすぐ後に熊本でそれぞれ震度5弱の地震がありヒヤッと。日本最大級の断層、中央構造線上の川内原発、伊方原発を一国も早く止めなきゃ〜。 .. 2017-07-03T18:00:00+09:00 クラブのママ役、中村敦夫「線量計が鳴る」 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=224808 6月25(日)増山麗奈監督「ベーシックインカム元年」の主人公、ようこのバイト先のクラブシーン撮影。まず、増山さんのHPからボーシックインカムとは?「ベーシックインカム(基本所得保障)とはどういったものか知っていますか。政府が国民の生活を最低限保障することを目的に、年齢・性別等に関係なく、一律で現金を給付する仕組みです。現在の日本には、既に様々なかたちの社会保障制度があります。病院で診察を受ける際の健康保険から医療費が給付されていたり、失業した際には、失業保険があるなど、私たちの「いざ」という時をサポートしてくれています。ベーシックインカムは、これらのような特定の事情が生じた時でなくても、全ての人が平等に給付を受けられる制度になっています。また、人工知能によって、今後10年で、5割がら7割の仕事がなくなると予測されていることからも、ベーシックインカムの導入が、世界的に検討されています。果たしてそんな制度は実際に成り立つのでしょうか。」 世界中で広がっているベーシックインカム、格差社会となってしまった日本でもぜひ実現してほしいと思ってます。 さて、私はクラブ「さおり」のママ、40歳になったようこに「40過ぎたら時給下げるきまりなのよ〜」なんて結構いじわるをいうのだ。監督が「タバコ吸おう〜」といってくれて、間を取りながら言いにくいセリフをいうことができました(笑)講談サロンの織福さんが助平な(笑)お客役を好演。織峯さんも出演、サロンのお二人映画デビューです!それにしても、女の子たち、可愛くて、なんか、本物のママさんなになりたくなったりした一日でした。29(木)中村敦夫さんの朗読劇、元原発技術者のモノローグ「線量計が鳴る」を観てきました。会場は笹塚ボールの4階ホール、70人の定員を超え100人近く、熱気ムンムンでした。主催者の挨拶と休憩を入れて約2時間、一人で1時間35分語りっぱなし!声も姿勢も良く、とにかくカッコイイ77歳です。 敦夫さんはいわきに住んでいたこともあり言葉訛りがとても自然。こういう朗読芸では訛りがいかに重要か思い知らされました。 元原発技術者が実は原発について事故が起きるまで詳細を知らなかったと反省、一から学習していきます、原爆から「平和利用」の原発へ、中曽根や正力松太郎の登場、天下の悪法電源三法、電気事業法、総括原価、原子力損害賠償法などなど大手電力会社 .. 2017-06-30T15:24:00+09:00 バーのママさん役で。富士見市革新懇。朝日の取材。 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=224546 6月10(土)ベーシックインカムの映画撮影。3日の山城さん激励会の時に参加の増山麗奈さんとベーシックインカムを推進しているスイスの映画監督エノ・シュミットさん。私の挨拶の声が他の人と違う「映画に出演してもらっては?」とエノさんが増山さんに勧めてくれたとのこと。嬉しいではないか、ということで出させてもらうことに。きょうの撮影は住民説明会のシーン。代々木の青少年記念センターのホールを借りて撮影。時間ギリギリ5分前に私のセリフの撮影、間違えられないと緊張しました(笑)映画の仮タイトルは「ベーシックインカムお金の奴隷解放宣言」。私はシングルマザーで主役の陽子がアルバイトしているバーのママさん役、一度やってみたかった?6月15(木)朝方、共謀罪が成立とはいっても、禁じ手の参院総務委員会での採決を飛ばして、本会議で「中間報告」をし、与党多数決で採決。午後から国会前に行き、怒りの声を上げる。あんな奇策で成立した?共謀罪は認めない!廃案に向け今日からが新たなスタートと国会正面前、多くの皆さんが続々と集まっている。57年前のきょう、樺美智子さんが殺された日、その日を選ぶなんて(怒)4年前の秘密保護法、2年前の安保法案、そして今朝の共謀罪。私たちは随分と鍛えられている。はだしのゲンの父曰く「麦は踏まれるほど強くなる」寂聴さん曰く「楽しいことを一生懸命考える努力を。嫌なことが多い世の中に負けては駄目」全ての廃案目指し、呆れ果ててもあきらめない!18日(日)富士見市革新懇。長年がんばってこられた高齢者の方が多いが、若い人もちらほら。最初に15日、国会へかけつけたといったら大きな拍手が。それから勢い良くモリ、カケと安倍政権批判を。ちょっとオーバーだけど共謀罪が通ったら私が最初に逮捕されるかもなどなど楽しい時間はあっという間でした。皆様、若い時からの闘いの日々が彼らを鍛えているのでしょうか、気持ちは強くて若い!磐城女子校の大先輩から磐城女子の手ぬぐいをもらい感激。呼んでくださりありがとうございました。19(月)午前、朝日新聞埼玉支局の取材を受ける。「はだしのゲン」で戦時中の息苦しさを語っているからオーバーと思われるかもしれないが、自分も取り調べを受けるのではないかと、社会派ネタを封印したりしなければならないかと話す。全く今度の共謀罪、精神衛生上よくない、不愉快極まりない。おかげでストレス全開( .. 2017-06-20T17:37:00+09:00 5月をエイっとまとめて http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=224545 5月3日、微罪で逮捕され5ヶ月もの間拘留された山城博治さんを励ます会に参加。自分の励ます会だと聞かされ大勢の皆さんに囲まれて驚きつつも元気のいい山城節が炸裂。「共謀罪」を先取りしたような今回の逮捕劇から我々も大いに学ばねば。13(土)映画評論家の木下昌明さんの体験を映画化した「がんを育てた男」を観る。外科医はとかく切りたがる。がんは消えても他の臓器も一緒に消えてはたまらない。医者からの「即手術」を断りしばらくがんを育てた木下さん。私ももしがんになったら、医者の言うことを素直に聞くのだけはやめようと思う。自分のがんは自分のものだ、医者のものではない(笑)20(土)「日本と再生」を観る。福島原発事故から世界は学び、自然エネルギーに転換している。アジアでは台湾、韓国と福島から学んでいるのに、なぜ本家本元の日本が再稼働?世界から一周も2週も、いやもっと遅れている日本。ため息が出るが、きっと「世界の潮流」に押されて日本も変わっていくだろうとかすかに期待ができる映画でした。21(日)NPO「ふくしま支援ひとと文なネットワーク」総会と講演会。今回は西尾正道先生の登場。ちょうどいわきのたらちねで診察をして、山形で講演という合間をぬってくてくださった。がんになったら西尾先生に治療を受けたいと思うほど。このアンケートを読むとよくわかっていただけるでしょう。またぜひ来ていただきたいです。3.本日のイベントについての感想をご記入ください。・知らないことが多く、もっと学ぶべきと思いました。・非常に教務深い話だった。もっとゆっくり聞きたかった。時間が短い。・こんなにメチャクチャになっていたことを知って驚きです。・西尾先生の抗議を企画していただき、感謝です。ありがとうございました。・大変興味深く、内容の濃いものでした。・もっと聞きたかった。ありがとうございました。・可能なら丸一日使ってでも、お話を全部聞いてみたいです。是非、第2弾、第3弾もお願いします。・皆さんが福島のことを思ってくださっていることに感謝しています。自分のまわりのことしか知らないのですが、原発反対しています。・知らないことだらけで、一から話していただきました。沢山の人に知っていただきたい。・本当に感動をしながら聞き入りました。今後、もっと先生のことを勉強したいと思いました。・大変良かった。目からウロコでした。・質疑応答の時間が短 .. 2017-05-28T16:43:00+09:00 べとなむ訪問記2「平成世直し講談会」 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=224539 一回目の報告が15日。間隔が空きましたが、戦場カメラマンの草分け、石川文洋さんといく北ベトナムの旅、続きです。4月9日、サパから約2時間半かけてバックハーのサンデーマーケットへ。買い物時間は約1時間、ガイドのティエンさんが市場の中を引率しながら最初に連れて行ってくれたのが市場を見下ろす水牛売り場の広場。さすがに水牛はチョットw。市場は手の込んだ刺繍のバックや小物や衣類がズラッーと並び目移りして選ぶのが大変。 添乗員の小山さんが交渉してくれて幾つかの刺繍のバックをゲット。皆さんも沢山買い物をしてまたバスに揺られてサパへ。今夜は食後に盧佳世さんの歌が披露されるということで、私も前座で講談を一くさり。佳世さんは市場で買ったばかりのとても素敵な民族衣装で登場、歌よし衣装よし、その上レストランは貸切状態。ぜいたくな一夜で盛り上がりました。 そして、翌日10日はハノイへまた6時間以上かけて移動、途中俳句の宗匠、福田水明さんの指導で「春」を季語に句会が催され一人二句づつ挑戦。な、なんと「天」に選ばれたのが私の句!毎週プレバドを見ている甲斐があった?(笑)「モン族の子らはにかみて春の市」水明さんに少々手直ししていただき「モン族の子らのはにかむ春の市」。 11日は植民地時代フランスによって作られた監獄、ホアロー収容所へ。フランスの支配に抵抗するベトナム人が収容された独房、集団房、拷問の道具などに当時の拷問の激しさを想像し、鳥肌がたつ‥。ベトナム戦争時は600人以上の米軍捕虜を収容していたが、敵なのに丁寧に扱い、自分たちの1、5倍の食料をあげコンサートやスポーツもさせるなど丁寧に扱ったそうだ、なんと寛大な!枯れ葉剤被害者が入院している病院へ。軽度の人たちは日本から教わった「さおり織」ですてきな織物を織っていたが、重症の子達はコミニュケーションをとることもできない。 文洋さんが枯れ葉剤について「南より北に多く投下され30万人が被害を受けた。ダイオキシンは水に溶けず土の下に沈んでいる。初代は野菜家畜魚を体内に取り込んだ。空気を吸って、水を飲んでダイオキシンが体内に入った。母親の胎盤や母乳から子供に障害が出た。障害児は昔より今の方が増えている」と。ベトナム全土で1億リットルも枯れ葉剤をまかれ、障害がますます強く出ているのに、アメリカは未だに因果関係を認めていないという。 チェルノブイリ事故当 .. 2017-04-29T13:59:00+09:00 米軍ジェット機墜落「哀しみの母子像」 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=224538 16日の米軍ジェット機墜落「哀しみの母子像」公演のご報告です。今回は新聞社数社にも取り上げられた影響もあってか、お陰様で満員御礼でした!応援してくださった皆様ありがとうございました。遠路、神奈川県からお越しくださったり、また当時病院で和枝さんの治療に当たっていた方と、様々な思いを抱えてきてくださった方々も多く、終演後は「去りがたし」といった雰囲気が客席やロビーに漂い40年前にワープした?ようでした。まさにあの事故は「感情に刻まれてた記憶」だったのです。  私は、といえば‥。ベトナムから帰ってから集中して稽古したものの、2日前まではまだ覚えきれず‥。ところが、前日に和枝さんが降りてきて(笑)全く不安なく語ることができました!今回で3度目という友人のめぐみさんが感想を寄せてくれましたので紹介させてもらいます。「聞けば聞くほどにあまりの理不尽さに表現すべきことばを思いつきません。和枝さんは国家に殺されたんです。本当に怒りでいっぱいです。話があまりに辛くて、国の仕打ちがひどくて怒りのやり場に困りました。この国はどんな状況に置かれても国民を守らないということを改めて確信しました。平和と安全のために権力を持ったものだけを守るというのがこの国のあり様でしたのに日常に流されうっかりしていました。でも思い出す機会をありがとう!今世界的にきな臭い状況になっているからこそ、この国がやって来たことにしっかり向き合わなくてはと思います。気持ちの整理のため終了後お目にかかることなく失礼してしまいました。ごめんなさい!また、今日初めて伊織さんの講談をお聞きしました。この短期間にすっかりプロになられて驚きました。とても聴かせるなぁと感じ入りました!師匠とお弟子さんの今後にさらに期待しています。」 めぐみさん、ありがとうございました!(弟子の伊織も見事に「出世浄瑠璃」を語り、拍手喝采) たしかに気持ちの整理がつかず?終了後、多くの方が目を真っ赤にしてロビーに残られてました‥。三鷹市議の嶋英治さんはこの後の福祉関係の集まりで早速、この事故の顛末を話してくれたとか。聞いてくださった方々が口の端にのせてくださることで、和枝さんや勇さんの無念が報われるような気がしてます。 打ち上げには同じ福島県出身のジャーナリスト黒川祥子さんも参加。初対面なのにもう昔からの友人のよう、そりゃそうです、同郷の私たち、悩みは .. 2017-04-22T13:53:00+09:00 ベトナム北部訪問記1 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=224537 「石川文洋さんと行くベトナム北部の旅〜ハノイ・ハロン湾・サパ〜」に参加して6日から12日までベトナムに行ってました。その簡単な報告です。  16日の「哀しみの母子像」公演を前にしての旅、寸暇を見つけてはブツブツと口の中で講談のおさらいをしつつ、発見と驚きを十分に満喫した旅でした。  6日深夜に旧市街のホテルにチェックインし、 7日、バスで3時間半移動しハロン湾クルーズへ。道中、町中を縦横無尽に走るたくさんのバイクの運転技術にびっくり。中には子供たちを中に挟んで5人乗りというのもあり、ぶつかりそうになりながらもうまくかわしてスイスイと走る、その反射神経、バランス感覚には感服。 交差点に信号はなく、また、驚いたことに飲酒運転もオーケーとか。なんといっても国民が若い!平均年齢26歳!?(日本は48歳、嗚呼) やはり20代の現地ガイドのティエンさんは明るく気が利いてなかなかの好男子、あっという間にツアーの人気者になりました。「おしん」を観て日本ファンになり日本語を勉強したとか。まず日本との共通点は真面目で手先が器用で刺繍や焼き物などそれが生かされていると。ベトナムの日本企業は今や3000社にも及び、「ホンダ」人気ははもちろん、まねして「ヘンダ」や「ハンダ」もある(笑)日本との違いは食料自給率、なんと80%。自動販売機はないが「人道販売機」があるw。楽しいティエンさんのガイドと、石川文洋さんにしか語ることができないベトナム戦争時の取材の話を連日移動の間、シャワーのように聞くことができる、この企画ならではのツアーは、水墨画の世界を思わせる素晴らしい景観を満喫するハロン湾クルーズで幕を開けました。8(土)陸路サパへ。山道だからと小型バスに乗り換え揺られ揺られて6時間‥。まずは中国との国境の町ラオカイへ。川の向こうは中国、うっかり橋を渡って中国へ入らないようにとティエンさん。橋の入り口のお寺では良縁祈願のお嬢さんが音曲歌をバックに何着も衣装を着替えては踊るという儀式?を行っていた。これが48時間続くとか‥。ラオカイからサパへ1時間かけて移動。くねくねした山道をどんどん登っていく、狭い席で腰の痛いこと(泣)が、しかし、途中の棚田の風景は雄大で、ぽつんぽつんと山の中腹に家がある。文明に頼らない昔ながらの生活を営む少数民族の人たちの家だ。 バスを降りて写真休憩。するとこどからか子供たちが .. 2017-04-15T13:52:00+09:00 事故から6年。そして「はだしのゲン」 http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=224542 3月11日。あの忌まわしい東日本大震災・福島第一原発事故から6年が経過しました。地震で塀が崩れたいわきの実家は、この正月にやっと完成しました。順番待ちが長かったのです。ご近所にはからいわきの仮設住宅で暮らしていた避難区域方々が建てた家も数件あり、歳月の長さを感じます。しかし、6年という歳月が流れても、福島第一原発の収束作業も、自主避難者への支援継続の問題も、被曝やトラウマによる健康被害も、まだ何も解決していません。むしろ、状況はますます悪化しているように見えます。きょうは東電本店前で皆さんと抗議の声を上げてきました。1日も早く責任を取ってもらわねば!25(土)昨年10月の「チェルノブイリの祈り」公演に続き、市民会館うらわ有志の皆様の手による「はだしのゲン」公演。前回より多くの250人近いお客さんが来てくれ大成功でした。新聞社周りも2度目となり、だいぶ様子がわかってきました。大きな記事を掲載してくれた読売新聞の支局長さんも来てくれて感謝。皆様、ありがとうございました! 2017-03-26T15:08:00+09:00 極友とともに http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=224541 2月は4日に水戸で、そして18日には加須市でと、冤罪被害者の皆さんと共に過ごした月となりました。 4日は布川事件の桜井昌司さんの歌と私の講演、主催のはばたき法律事務所はうん十年前に講談で呼んでもらったことがあり、懐かしい再会となりました。桜井さんの歌は歌唱力が抜群で、自作のお母さんの歌には涙が出そうに‥。 そして18日には桜井さん、足利事件の菅家さん、狭山事件の石川さんと「極友3人」が涙あり笑いありの見事なトーク。私も一言挨拶を。秋に完成予定の映画「極友」大勢の皆さんが感涙にむぜぶことでしょう。 26日は昨年福井のお寺さんに来てくれた女性部の方が声をかけてくれ、JA花咲ふくい主催、家の光大会で講演を。福井も原発銀座、再稼働など絶対にさせてはいけない。 2月の締めは、最近読んだ北野慶氏の「亡国記」をご紹介。近々にありそうな日本の近未来が書かれてあり鳥肌が立つようでした。《2017年春、原発が次々と再稼働した日本で、東海大地震が起き静岡県の「島岡原発」の原子炉が爆発する。福島の事故後に京都に移住した父娘の逃避行が始まる。百キロ圏内の人間は死滅し、本州と四国は高濃度汚染で人の住めない土地となる。本州と四国は米軍が、九州は中国軍、北海道はロシア軍が占領する。一千万人が難民化。海外脱出して難民となった主人公の父娘は、ロンドンで「ジャップが! 国を滅ぼし、世界中に放射能をまき散らしながら、いい気なもんだ」と吐き捨てられる‥》私たちがどんなに脱原発を訴え活動してももう一度事故が起きたら日本は滅亡し、世界中から非難されてしまう、想像に難くありません。北野氏の執筆期間はわずか一カ月だったそうです。「原発をやめない日本に怒った神様が降りてきて書かせてくれたのかなと。筋を考えずにパソコンに文字を打ち始めると、勝手に世界が広がった」と。また「この物語は、想像力を働かせれば誰でも思い付く。でも多くの大人は、無意識に考えまいとしてるんじゃないでしょうか」とも。この小説が現実にならない為に私たちは何をすべきか!この国を覆っている「空気」の流れを変え「人命、人権が第一」の政治を取り戻す、ことだと思います。想像力をフル稼働させ、原発のない未来を子供達に手渡すためがんばりましょう〜。 .. 2017-02-26T14:42:00+09:00 この世界の片隅で琴の弾き初め、そして講談サロン http://blog.ppn.co.jp//index.php?itemid=223450 8(日)「この世界の片隅に」を娘、友人と観た。まるであの時代に自分も息をしているような親近感を感じた。戦争が五感を通じて伝わってくる予想以上の映画でした‥ありがとう。映画館は小さい子もいたのに最後までとても静かに集中しているのがわかった、この映画を大勢の国民が歓迎している、世界の片隅でひっそりと小さな幸せをかみしめながら暮らしたい国民たち。なのに安倍さんは「日本を世界の中心に」と。私たちは憲法を大切にし、国民に寄り添ってくれる天皇の年頭所感を聞きたいのに「お疲れになるから」などどいいながら、自分が取って代わって挨拶している傲慢さ。その傲慢さでこんどは「共謀罪」などとのたまわる、安倍政権は糸の切れた凧となって、どこまでも飛んでいく?新年早々呆れ果てますわ。11(水)美琴会、区役所での新春ロビーコンサート。昨年は全員着物だったが、今年はドレス。確かに着替えが楽です(笑)お琴を弾いているともう夢中で楽しい。本芸の講談、裏芸のお琴、三味線、時々ジャズ、今年も多分辛いことの連続だろうが、演奏したり、声を出したり集中できる時間を大切に、生き延びようと思う。12(木)作秋の芸人9条の会、打ち上げ会場となった中華屋さんが杉並ロータリークラブの会員さんでした。早速声をかけてくれて、昼はヒルトン東京で例会の卓話、30分しかないので焦りました(笑)杉並ロータルークラブは南相馬ロータリーと姉妹クラブで春には10周年イベントで南相馬へ行かれるとか。嬉しいですね。夜は今年初の講談サロン。みなさんに今年も抱負を語ってもらった。森さんが母里大平をやりたい、ついては黒田節を舞いたいとのこと。私は三味線でお付き合いします。新人の女性が講談初席で女性の前座が三方ヶ原をかけているのを聞いて「北朝鮮の女性アナウンサーみたいだ」と(笑)10年目の今年、秋の大発表会はきっと盛り上がるでしょうね。さて、メリル・ストリープさん、トランプ氏が障害のある記者の真似をしたことを「軽蔑は軽蔑を招く、暴力は暴力を生む」「権力者が他の人々をいじめれば我々は全員敗者」と批判。すばらしい!日本では吉永小百合さん、岸恵子さんたちが頑張っておられるが、どうか有名人の皆様、自己規制したり忖度したりしないで、少しだけ勇気を出してチクリとやっていただきたい、チクリ程度では干されないのだから‥ .. 2017-01-12T17:54:00+09:00