April 29, 2017

べとなむ訪問記2「平成世直し講談会」

一回目の報告が15日。間隔が空きましたが、戦場カメラマンの草分け、石川文洋さんといく北ベトナムの旅、続きです。
4月9日、サパから約2時間半かけてバックハーのサンデーマーケットへ。買い物時間は約1時間、ガイドのティエンさんが市場の中を引率しながら最初に連れて行ってくれたのが市場を見下ろす水牛売り場の広場。さすがに水牛はチョットw。市場は手の込んだ刺繍のバックや小物や衣類がズラッーと並び目移りして選ぶのが大変。
 添乗員の小山さんが交渉してくれて幾つかの刺繍のバックをゲット。皆さんも沢山買い物をしてまたバスに揺られてサパへ。今夜は食後に盧佳世さんの歌が披露されるということで、私も前座で講談を一くさり。佳世さんは市場で買ったばかりのとても素敵な民族衣装で登場、歌よし衣装よし、その上レストランは貸切状態。ぜいたくな一夜で盛り上がりました。
 そして、翌日10日はハノイへまた6時間以上かけて移動、途中俳句の宗匠、福田水明さんの指導で「春」を季語に句会が催され一人二句づつ挑戦。な、なんと「天」に選ばれたのが私の句!毎週プレバドを見ている甲斐があった?(笑)
「モン族の子らはにかみて春の市」水明さんに少々手直ししていただき
「モン族の子らのはにかむ春の市」。
 11日は植民地時代フランスによって作られた監獄、ホアロー収容所へ。フランスの支配に抵抗するベトナム人が収容された独房、集団房、拷問の道具などに当時の拷問の激しさを想像し、鳥肌がたつ‥。ベトナム戦争時は600人以上の米軍捕虜を収容していたが、敵なのに丁寧に扱い、自分たちの1、5倍の食料をあげコンサートやスポーツもさせるなど丁寧に扱ったそうだ、なんと寛大な!
枯れ葉剤被害者が入院している病院へ。軽度の人たちは日本から教わった「さおり織」ですてきな織物を織っていたが、重症の子達はコミニュケーションをとることもできない。
 文洋さんが枯れ葉剤について「南より北に多く投下され30万人が被害を受けた。ダイオキシンは水に溶けず土の下に沈んでいる。初代は野菜家畜魚を体内に取り込んだ。空気を吸って、水を飲んでダイオキシンが体内に入った。母親の胎盤や母乳から子供に障害が出た。障害児は昔より今の方が増えている」と。
ベトナム全土で1億リットルも枯れ葉剤をまかれ、障害がますます強く出ているのに、アメリカは未だに因果関係を認めていないという。
 チェルノブイリ事故当時、幼かった人々が成長し、子供を産むとその子は大抵3つぐらい病気を抱えてる、甲状腺癌や白血病だけじゃなく、免疫力が落ち、目も耳も骨を内臓も弱くなってしまってる‥。講談「福島の祈り」のセリフが浮かんできた。
枯れ葉剤被害も放射能被害もおなじ、因果関係など被害者に証明できるはずがない‥。ベトナムは日本からの原発輸入をやめた、なんと聡明な判断かと改めて思った。
文洋さんは言う。
1945年、ホーチミン氏の独立にフランスは戦争を仕掛けるが、負けた。米も南に臨時政府をつくり勝てると思ったが、負けた。ナショナリズムが持てる戦争ではなかった。そして「軍事的な攻撃は失敗する」と。
 今、ベトナムには米軍は一人もいない。日本には未だに沖縄2万5千人いる。そして米軍基地のせいで沖縄の経済は破壊されていると。65年3月、沖縄からベトナムに海兵隊を送り始め、沖縄のことをベトナム人は「悪魔の島」と呼んだ。
だが今はだれも沖縄をそう呼ばない。
 その沖縄では今、県民の総意をことごとく無視して政府は新基地を建設しようと躍起になっている。基地とは攻撃するためのもの、そして攻撃の的となるものだ。
沖縄が再び他の国から「悪魔の島」と呼ばれてはならないし、二度と再び本土をまもる捨て石にしてはならない!ベトナムからは日本がよ〜く見えた!旅でした。
[more...]

April 22, 2017

米軍ジェット機墜落「哀しみの母子像」

16日の米軍ジェット機墜落「哀しみの母子像」公演のご報告です。
今回は新聞社数社にも取り上げられた影響もあってか、お陰様で満員御礼でした!応援してくださった皆様ありがとうございました。
遠路、神奈川県からお越しくださったり、また当時病院で和枝さんの治療に当たっていた方と、様々な思いを抱えてきてくださった方々も多く、終演後は「去りがたし」といった雰囲気が客席やロビーに漂い40年前にワープした?ようでした。
まさにあの事故は「感情に刻まれてた記憶」だったのです。
 
 私は、といえば‥。ベトナムから帰ってから集中して稽古したものの、2日前まではまだ覚えきれず‥。
ところが、前日に和枝さんが降りてきて(笑)全く不安なく語ることができました!
今回で3度目という友人のめぐみさんが感想を寄せてくれましたので紹介させてもらいます。

「聞けば聞くほどにあまりの理不尽さに表現すべきことばを思いつきません。和枝さんは国家に殺されたんです。本当に怒りでいっぱいです。
話があまりに辛くて、国の仕打ちがひどくて怒りのやり場に困りました。この国はどんな状況に置かれても国民を守らないということを改めて確信しました。
平和と安全のために権力を持ったものだけを守るというのがこの国のあり様でしたのに日常に流されうっかりしていました。
でも思い出す機会をありがとう!今世界的にきな臭い状況になっているからこそ、この国がやって来たことにしっかり向き合わなくてはと思います。
気持ちの整理のため終了後お目にかかることなく失礼してしまいました。ごめんなさい!
また、今日初めて伊織さんの講談をお聞きしました。この短期間にすっかりプロになられて驚きました。
とても聴かせるなぁと感じ入りました!師匠とお弟子さんの今後にさらに期待しています。」
 めぐみさん、ありがとうございました!(弟子の伊織も見事に「出世浄瑠璃」を語り、拍手喝采)
 たしかに気持ちの整理がつかず?終了後、多くの方が目を真っ赤にしてロビーに残られてました‥。
三鷹市議の嶋英治さんはこの後の福祉関係の集まりで早速、この事故の顛末を話してくれたとか。
聞いてくださった方々が口の端にのせてくださることで、和枝さんや勇さんの無念が報われるような気がしてます。
 打ち上げには同じ福島県出身のジャーナリスト黒川祥子さんも参加。初対面なのにもう昔からの友人のよう、そりゃそうです、
同郷の私たち、悩みは尽きないのですから‥。
第11回開高健ノンフィクション賞受賞の彼女の最新作は「心の除染という虚構」、ぜひ読んでください。

 で、一夜明けた翌朝の東京新聞一面には「オスプレイ重大事故率増加」と大見出しが!起きてしまってからでは取り返しがつかない‥。
「哀しみの母子像」8月26日にお江戸日本橋亭で、また9月23日には地元緑区での公演も決まりました!
これからもご声援よろしくお願いします。


April 15, 2017

ベトナム北部訪問記1

「石川文洋さんと行くベトナム北部の旅〜ハノイ・ハロン湾・サパ〜」に参加して6日から12日までベトナムに行ってました。
その簡単な報告です。
  16日の「哀しみの母子像」公演を前にしての旅、寸暇を見つけてはブツブツと口の中で講談のおさらいをしつつ、発見と驚きを十分に満喫した旅でした。
  6日深夜に旧市街のホテルにチェックインし、 7日、バスで3時間半移動しハロン湾クルーズへ。道中、町中を縦横無尽に走るたくさんのバイクの運転技術にびっくり。中には子供たちを中に挟んで5人乗りというのもあり、ぶつかりそうになりながらもうまくかわしてスイスイと走る、その反射神経、バランス感覚には感服。 交差点に信号はなく、また、驚いたことに飲酒運転もオーケーとか。なんといっても国民が若い!平均年齢26歳!?(日本は48歳、嗚呼)
 やはり20代の現地ガイドのティエンさんは明るく気が利いてなかなかの好男子、あっという間にツアーの人気者になりました。「おしん」を観て日本ファンになり日本語を勉強したとか。まず日本との共通点は真面目で手先が器用で刺繍や焼き物などそれが生かされていると。ベトナムの日本企業は今や3000社にも及び、「ホンダ」人気ははもちろん、まねして「ヘンダ」や「ハンダ」もある(笑)日本との違いは食料自給率、なんと80%。自動販売機はないが「人道販売機」があるw。
楽しいティエンさんのガイドと、石川文洋さんにしか語ることができないベトナム戦争時の取材の話を連日移動の間、シャワーのように聞くことができる、この企画ならではのツアーは、水墨画の世界を思わせる素晴らしい景観を満喫するハロン湾クルーズで幕を開けました。
8(土)陸路サパへ。山道だからと小型バスに乗り換え揺られ揺られて6時間‥。まずは中国との国境の町ラオカイへ。川の向こうは中国、うっかり橋を渡って中国へ入らないようにとティエンさん。橋の入り口のお寺では良縁祈願のお嬢さんが音曲歌をバックに何着も衣装を着替えては踊るという儀式?を行っていた。これが48時間続くとか‥。
ラオカイからサパへ1時間かけて移動。くねくねした山道をどんどん登っていく、狭い席で腰の痛いこと(泣)が、しかし、
途中の棚田の風景は雄大で、ぽつんぽつんと山の中腹に家がある。文明に頼らない昔ながらの生活を営む少数民族の人たちの家だ。 バスを降りて写真休憩。するとこどからか子供たちが物売りに、働き者です。
  やがて、こんな山奥に?と驚くほどホテルが立ち並ぶサパへ夕刻到着。フランス領だったころ、フランス人が避暑地として目をつけただけあって風が爽やかで気持ち良い。何かお祭りがあったのか、町の中心の広場は大変な賑わい、食後に散歩してみるとモン族の子どもたちが民族衣装を身につけて親の商売のお手伝い。素敵な刺繍の小物やバックがたくさん。翌日、 バックハーのサンデーマーケット見学なのでゴメンなさい。
 ホテルの部屋でFBを開いてみたらトランプ大統領がシリアを空爆したと!アサド政権が化学兵器を使用した確証もないのに‥。2003年のイラク攻撃を思い出し、またか〜と泣きたくなる。双子の子どもと母が殺されたのは誠に気の毒だが、今度のシリア攻撃で、多数犠牲が出た民間人にも同じく赤ん坊がいたかもしれないのに。
文洋さんがバスの中で「ベトナム戦争では民間人の方が多く死んだ。ベトナムは爆撃戦争だったからだ。第2次世界大戦の時日本が受けた爆撃の64倍もの爆弾がベトナムに落とされた。爆撃こそは最大のテロだ」と。何度も命の危機に直面した戦場カメラマンのこの言葉を、そっくりトランプ大統領と、即座にトランプ支持を表明してしまった安倍政権に聞かせたいものです。
 ということで、旅の続きは、明日の公演が終わってからアップします。ではおやすみなさ〜い。